ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入するならチェック!はめ殺し窓のメリットとデメリットを解説

不動産を購入するならチェック!はめ殺し窓のメリットとデメリットを解説

カテゴリ:お役立ち情報

不動産を購入するならチェック!はめ殺し窓のメリットとデメリットを解説

不動産の購入を考えている方のなかには、大きな窓から光が差し込む住宅に憧れている方も多いのではないでしょうか。
戸建ての購入やリフォームを考えている方は、はめ殺し窓と開閉できる窓との違いを理解しておくといいでしょう。
そこで今回は、はめ殺し窓のメリットとデメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入する前にチェック!はめ殺し窓のメリットは?

はめ殺し窓とは、壁などに直接取り付けられた開閉ができない窓で、FIX窓とも呼ばれます。
それでは、はめ殺しの窓を採用するメリットを見ていきましょう。

採光性が高い

はめ殺し窓は多くの光を取り込むので、部屋が自然と明るくなります。

気密性が高い

窓の開閉ができず外気が入らないため、冷暖房効率が良く室温調整がしやすくなります。

デザイン性が高い

はめ殺し窓は採光や外の景色を楽しむことを目的としており、開閉の必要がないので、自由なデザインにすることが可能です。
丸い形の窓にしたりステンドグラスやガラスブロックを使ったりすると、住空間をセンス良く演出できるでしょう。

防犯性が高い

はめ殺し窓は開閉できる窓に比べて、窓から侵入されるリスクを減らすことができます。

不動産を購入する前にチェック!はめ殺し窓のデメリットは?

では次に、デメリットについても見ていきましょう。

換気ができない

はめ殺し窓は、窓の開閉ができないため換気が難しく、室内の空気の入れ替えがしにくくなります。
他の窓やドアを開けることで換気できますが、換気が行き届かない場合は湿気がこもってしまい、カビが発生する可能性があるので注意が必要です。

外気の影響を受けやすい

はめ殺し窓はガラス面が大きいため、日射しの影響を受けやすくなります。
真夏の時期は室温が上がりやすく、冬の時期は結露が発生しやすくなるので注意しましょう。
断熱性の高い窓ガラスを採用することでデメリットを軽減できます。

メンテナンスが難しい

はめ殺し窓は室内から掃除ができないため、高い位置にある窓の掃除は自力では難しい場合もあります。
2階や3階にある窓を掃除する場合は、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

外からの視線が気になる

道路に面した壁では、はめ殺しの窓を設置すると部屋のなかが見えてしまう場合があります。
はめ殺し窓がある物件の購入を検討するときは、プライバシーに配慮して外からの視線が気にならない位置にあるかをあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

今回は、開閉できないはめ殺しの窓の特徴について解説しました。
明るい光が入るハイセンスな窓は、住宅のこだわりポイントとして効果的に取り入れたいですね。
はめ殺し窓と開閉できる窓とをうまく組み合わせて、住み心地の良い住空間を作ってください。
ファミリホーム株式会社では、千葉市を中心に不動産情報を多数ご紹介しております。
千葉市近郊で不動産に関するご相談なら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|千葉市でおすすめのケーキ屋「サント・ノーレ」と「カフェ・ル・グレ」   記事一覧   直床とはなに?これは良いもの?不動産購入前に知りたい基礎知識を解説|次へ ≫

ふぁみりほーむ 最新記事



ふぁみりほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る