ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての台風対策を紹介!住まいを守るためにできることとは?

一戸建ての台風対策を紹介!住まいを守るためにできることとは?

カテゴリ:お役立ち情報

一戸建ての台風対策を紹介!住まいを守るためにできることとは?

近年、日本に上陸する台風は勢力を増しており、大きな被害を受ける住宅が増えてきています。
住宅が被害を受けるとそこに住む家族にも危険が及ぶため、台風がくる前にしっかりと備えておくことが大切です。
今回は、一戸建てできる台風対策について、具体的な方法や知っておくべき注意点をご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

台風に備えてとるべき一戸建ての対策方法を紹介

まずは、台風によって受ける住宅被害にはどのようなものがあるかを考えてみましょう。
もっとも多いのが、風で飛んできたものがぶつかって住宅が破損する例です。
庭に置いてある植木鉢などが飛ばないように片付けておくことはもちろんのこと、隣の家の屋根材やどこかから飛んできた看板がぶつかることも考えられるため、窓ガラス自体に対策をしておくとよいでしょう。
たとえば、窓に飛散防止フィルムを貼る、養生テープで補強するなどの方法があります。
また、雨戸やシャッターを取り付けて飛来物が窓に当たるのを防ぐのもおすすめです。
浸水対策も忘れずにしておきましょう。
玄関先や雨戸など、浸水しそうな場所に土のうを積んでおくのが効果的です。
万が一、飛来物がぶつかって破損した部分から浸水したときのために、ブルーシートなどを用意しておくとよいでしょう。

一戸建ての台風対策をする際の注意点

台風の影響を受けてライフラインが止まってしまうことも想定しなければなりません。
電気や水道、ガスが使えなくなったときのために、食料や飲料を備蓄しておき、懐中電灯やモバイルバッテリー、携帯ラジオなどの非常用品をそろえておきましょう。
生活用水として使えるように、お風呂に水を溜めておくのもおすすめです。
また、家にいるのが危険な状態になった場合は、避難することも考えなければなりません。
事前にハザードマップを入手しておき、浸水被害が起こりそうな区域や避難場所を確認しておいてください。
いざ被害が大きくなってから慌てても、冷静な判断ができずに適切に避難できなくなってしまう可能性があります。
また、家族がバラバラなときに避難することになったときのために、連絡手段を決めておくことも大切です。

まとめ

一戸建ての台風対策としてできることにはさまざまなものがあるため、被害を最小限に抑えられるようにしっかりと考えましょう。
ライフラインが止まってしまったときのことや避難が必要になったときのことも想定し、どのような備えをしておくべきか、注意点は何なのかを、家族で話し合っておくのがおすすめです。
ファミリホーム株式会社では、千葉市を中心に不動産情報を多数ご紹介しております。
千葉市近郊で不動産に関するご相談なら、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|千葉市にある千葉中央駅周辺の住みやすさを徹底検証!   記事一覧   オープンハウス情報!|次へ ≫

ふぁみりほーむ 最新記事



ふぁみりほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る