ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に家具家電込みの費用を住宅ローンで借りられるのかを徹底解説

不動産購入時に家具家電込みの費用を住宅ローンで借りられるのかを徹底解説

カテゴリ:お役立ち情報

不動産購入時に家具家電込みの費用を住宅ローンで借りられるのかを徹底解説

不動産を購入する際には何かと費用がかかるため、新居で使用する家具家電の購入費もまとめて借りたいところでしょう。
住宅ローンの資金は住居に関係ない買い物には使えないものの、一部の家具家電なら問題ありません。
ここでは不動産の購入を検討されている方に向け、知っておきたいポイントや注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に家具家電込みの費用を住宅ローンで借りられる対象とは

近年登場している、住まいの一設備として組み込まれている家具家電なら、その購入費も住宅ローンで合わせて借入可能です。
たとえばキッチンに組み込むタイプの食洗機・コンロなどは住まいの一部とみなせるため、その購入費を含めた金額を融資してもらえます。
住まいと一体化するものなら、それらの購入にかかる費用を含めた金額で融資を申請できます。
それ以外の家具家電は住宅ローンの対象外であり、申請する金額にその購入費は含められず、借りたお金を無断で使用するのも不可です。
家具家電といわれて一般的に想像される、据え置き型の冷蔵庫・洗濯機・ソファー・タンスなどは、住宅ローンの資金で買えないことはよくご確認ください。

不動産購入時に家具家電込みの費用を住宅ローンで借りるときの注意点

住宅ローンで家具家電の購入費まで借りる際の注意点は、それだけ借入総額が増し、返済期間が間延びしたり、月々の返済金額や利息が増えたりすることです。
返済期間中に金利が変動する契約で融資を受けた場合、利息高騰時のリスクが増す点も事前によくご確認ください。
次に、住宅購入資金向けの融資では、資金の使い道にも十分に注意せねばなりません。
ご紹介したとおり、住宅ローンでも住まいの一部に組み込む家具家電ならその購入代金を借入金額に含められますが、審査時に詳しい説明を求められることがあります。
その際に明確な回答ができなかったり、金融機関側を納得させられなかったりすると、借入金額の割り増し分は認められません。
そのつもりで説明の準備をしておくほか、万が一許可が下りなかった際に備え、冷蔵庫やソファーなどの購入に使える別のフリーローンなどを探しておくとよいです。
なお、組み込み式の家具家電は故障時のメンテナンスや修理に手間がかかりやすいので、住宅ローンの資金を使用する目的のみで選ぶのはあまりおすすめできません。
そのほか、住宅購入のために融資された資金を別の用途に使っていた場合、規約違反とされ、ただちに一括返済を求められます。
本来の目的と異なる、据え置き型の冷蔵庫などの購入に無断で使用するのは原則として控えてください。

まとめ

住まい専用の借入金は、その住居に一体化している設備には使えるので、一部の家具家電を備えるための費用もその金額に含められます。
ただ、ご紹介したように注意点もあり、事前にローンの規約などを十分に確認することが大切です。
私たちファミリホーム株式会社では、庭付き一戸建ての物件も多数取り揃えております。
不動産探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ボディメイクに最適!千葉市でおすすめのパーソナルジムをご紹介します   記事一覧   千葉市にある千葉中央駅周辺の住みやすさを徹底検証!|次へ ≫

ふぁみりほーむ 最新記事



ふぁみりほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る