ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 第一種低層住居専用地域に家を建てるメリット・デメリットとは?

第一種低層住居専用地域に家を建てるメリット・デメリットとは?

カテゴリ:お役立ち情報

第一種低層住居専用地域に家を建てるメリット・デメリットとは?

第一種低層住居専用地域についてご存知でしょうか?
これは都市計画法で決められた地域のことで、高いビルや大きな商業施設などが建てられないようになっており、静かに暮らしたい住宅環境を望む方に人気のある地域です。
ここではそんな第一種低層住居専用地域に家を建てるメリットや気をつけるべきデメリットについてご案内します。

弊社へのお問い合わせはこちら

第一種低層住居専用地域の家のメリットとは?

一種低層住居専用地域の家のメリットは、何といってもその環境にあります。
無駄な商業施設がないため閑静で落ち着いた雰囲気があり、子育て世代の方には特におすすめしたい地域となっています。

第一種低層住居専用地域は日当たりがいい

第一種低層住居専用地域に家を建てる場合のメリットとしてまずあげられるのは大きな建物が制限されるために、比較的日当たりが良い住宅が多いということがあります。
スペースがあるため、開放感があるのも大きなメリットとしてあげられます。

第一種低層住居専用地域は生活ノイズが少ない

第一種低層住居専用地域の家を建てる場合のメリットとして次にあげられるのは、周辺環境がとても静かだということです。
大型の商業施設の建設や工場に制限があるために建てられない地域になっているので、比較的ノイズが少ない静かな環境が守られている地域になります。

第一種低層住居専用地域の家のデメリットとは?

人気の第一種低層住居専用地域ではありますが家を建てるにあたって事前に知ってほしいポイントや注意してほしいポイントがあります。
ここでは第一種低層住居専用地域におけるデメリットとは何かについてお知らせします。

第一種低層住居専用地域は制限が多い

第一種低層住居専用地域は一般的な地域に比べて容積率や日陰規制などのルールが厳しいため、住宅を建てる際に、思っていた広さを確保できない場合があります。
またトータルの土地代なども高く思える場合があるのでこちらについても事前に不動産屋さんに相談するなどしましょう。

第一種低層住居専用地域は不便が多い

第一種低層住居専用地域は商業施設の建設に制約があるので、家から買い物などへ出かけるのに多少、不満を感じることが多いかも知れません。
また高さなどに制限があるため小規模の保育園、幼稚園は問題ないかも知れませんが学校については通学に時間がかかる場合もあるかも知れないので注意しましょう。

まとめ

以上が第一種低層住居専用地域に家を建てる場合のメリット・デメリットについて詳しくお知らせしました。
第一種低層住居専用地域の魅力とはなんといっても閑静な場所に住めるということです。
子育てなどにおすすめするので、いろいろ調べてからご購入を検討してみてください。
私たちファミリホーム株式会社では、千葉市花見川区の土地をご紹介しております。
お気軽に当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|庭付き戸建て住宅で育てたい冬の花とガーデニングのメリット   記事一覧   家を建てたい方に知っておいてほしい下がり天井のメリットやデメリットとは|次へ ≫

ふぁみりほーむ 最新記事



ふぁみりほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る