ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 花見川区の防災情報と避難所はハザードマップを活用しよう!

花見川区の防災情報と避難所はハザードマップを活用しよう!

カテゴリ:地域情報

今回の九州豪雨で、防災情報や避難所の見直しを考えた方も多いのではないでしょうか。

 

備えは災害が起きたときにするのではなく、ハザードマップや防災情報を参考にし、何もないときにこそ準備しておくべきといえます。

 

この記事では花見川区にお住まいをお探しの方に向け、防災情報をテーマにハザードマップの活用方法と避難所に持っていくべきものをお伝えしていきます。

 

花見川区の防災情報はハザードマップを見よう

 

花見川区の防災情報と避難所はハザードマップを活用しよう!

 

千葉市花見川区の地震や風水害ハザードマップは、「千葉市防災ポータルサイト」でチェックできます。

 

ハザードマップには地震などが起きたとき、被災する恐れのある地域が示されているので、自分の住んでいる地域がどのような被害を受けやすいかどうかを調べられます。

 

地震だけでなく、土砂や浸水、津波といった自然災害の規模と、被害が及ぶ範囲が地図化されているので、避難ルートをどのようにするか家族で話合うときにも便利です。

 

ハザードマップは千葉市花見川区の被害予測だけでなく、日本全国を網羅しているので、地域ごとの防災情報を入手でき、冊子やダウンロードというかたちで提供されています。

 

土砂災害ハザードマップには、がけ崩れの恐れがある区域が示され、地震ハザードマップには予想される震度や液状化の危険が示されているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

建物の全壊率もわかるので、賃貸選びの参考になるのではないでしょうか。

 

花見川区の防災情報にある避難所と持ち物も知っておこう

 

 

花見川区で被災したとき、自宅避難が不可の場合は多くの方が避難所へ向かうかと思います。

 

避難先は「避難所」と「避難場所」に区別されますが、避難所は住居場所が確保できくなった方が一定期間滞在する場所です。

 

一方避難場所は災害の危険から身を守るための場所で、公園や広い駐車場などが挙げられます。

 

実際に避難所にいくことになった場合は、以下の持ち物を準備しましょう。

 

・食品や水(水や缶詰、クッキーなど日持ちして火を使わずに食べられるもの)

・貴重品(財布や現金、印鑑や保険証など)

・衣類や下着、毛布

・救急用品(消毒液やばんそうこう、常備薬など)

・洗面用具(歯ブラシ、石鹸、ウェットティッシュ)

・冬は防寒用具

・赤ちゃんがいる家庭は、ミルクや哺乳瓶、オムツなど

 

乾電池や携帯ラジオ、延長コードなどもあると便利です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は花見川区似住まいをお探しの方に向け、ハザードマップの活用法と見方や、避難所に持っていくものをご紹介しました。

 

いざというときのために、ハザードマップや避難所への持ち物をチェックし、スムーズな避難ができるよう備えておくと安心です。

 

私たちファミリホーム株式会社では、庭付き一戸建ての物件も多数取り揃えております。

 

不動産探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までお問い合わせください!
≪ 前へ|値下げ!!八街市八街ほ 新築一戸建て   記事一覧   マイホームでの転落事故!その原因と取るべき対策についてご紹介|次へ ≫

ふぁみりほーむ 最新記事



ふぁみりほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る