ファミリホーム > ファミリホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅を購入したい!無垢材とはどのような建材なのか知っていますか?

住宅を購入したい!無垢材とはどのような建材なのか知っていますか?

カテゴリ:お役立ち情報

物件広告などで、“無垢材”を使用した住宅が紹介されているのを見る機会があるかと思いますが、無垢材とはどのような建材なのか知っていますか?

 

なんとなく、「自然素材で体に良い」といったイメージがあるものの、実際にどのような建材なのかよくわからない人もいるようです。

 

今回は、住宅に使用される無垢材とはどのような建材なのか、その特徴と使用するメリットなどを解説していきます。

 

これからマイホームを購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


無垢材


住宅に使用する建材「無垢材」の特徴とは?


こちらでは、無垢材とはどのような特徴をもつ建材なのかを解説します。

 

<接着剤を使用していない>

 

無垢材とは原木から必要な大きさに切り出された建材で、木造の住宅建築によく使用される集成材や合板とは異なり、接着剤が使用されていないのが大きな特徴です。

 

接着剤を使用していないため、シックハウス症候群の原因となる化学物質を恐れずに暮らせますし、化学物質の臭いを含まない木がもつ自然な香りを楽しめます。

 

<耐久性に優れている>

 

1400年前に建立され今なお姿を残す「法隆寺五重塔」など、現存する歴史的建造物はみな無垢材で建てられています。

 

これらが証明するように、無垢材はとても耐久性に優れた建材です。

 

<断熱性が高く調湿効果がある>

 

木製の建材はコンクリートのおよそ12倍の断熱効果があるため、室外の温度に影響されにくいと言われています。

 

また、無垢材は切り出されたあとも呼吸を続けており、空気中に水分が多ければ内部に吸収し、乾燥すれば外へ水分を放出して室内の湿度を快適に保ちます。

 

住宅に使用する建材「無垢材」のメリットとは?


こちらでは、無垢材を使用するメリットを解説します。

 

<リラックス効果がある>

 

森林浴をすると、木から発生する香り成分の働きで自律神経の乱れが整えられ、リラックスして心地よくなります。

 

この作用は建材になっても残り、無垢材の家に暮らせば森林浴をしているのと同じリラックス効果が得られ、ストレスが和らげられると言われています。

 

<カビやダニの増殖を抑える>

 

木の精油成分には、カビやダニ、大腸菌などの細菌類の増殖を抑制する効果があります。

 

ヒノキやヒバの精油成分はカビや大腸菌、ブドウ球菌などの増殖を抑え、赤松、ヒノキ、ベイスギ、ベイヒバなどは喘息やアレルギーの原因となるダニの増殖を抑制します。

 

また、木の調湿作用によってカビが防げるため、きれいな空気のなかで快適に暮らせますよ。

 

まとめ


無垢材の特徴と使用するメリットなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

これからマイホームを購入予定の人は、ぜひ検討してみてくださいね!


私たちファミリホーム株式会社では、千葉市花見川区の戸建て物件も多数取り揃えております。

 

不動産探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までお問い合わせください!

≪ 前へ|オープンハウス情報!   記事一覧   新築住宅では気をつけて!シックハウス症候群の原因と対策とは|次へ ≫

ふぁみり ほーむ 最新記事



ふぁみり ほーむ

スタッフ情報を見る

トップへ戻る